本文へスキップ

お問い合わせは 総本店 TEL.028-636-3320

http://www.suzutame.com/

羽子板・破魔弓hagoita・hamayumi

羽子板(はごいた)

江戸時代、大名や公卿などの間では、女の子が生まれた家に初正月の祝いとして、相手の家紋を表面に付けた美しい飾り羽子板を贈る風習がありました。この金銀の箔を押すなど、精巧な細工をこらした羽子板が「左義長(さぎちょう)羽子板」です。
  羽子板を贈る風習は、やがて町人の間にも広まりました。年の暮れに市中のあちこちで立つ羽子板市は、江戸の名物にまでなりました。特に後期の江戸で生れた華やかな押絵羽子板は庶民の人気を博し、関西地方にまで広がりました。
 羽子板には、観賞用の絢爛豪華なものと、実際について遊ぶための簡素なものとがあります。羽根つきは新春の遊びとして親しまれ、女の子の間で盛んに行われました。
 羽根つきは、もともと新春の災厄よけのまじないから生れた遊びです。中国に生まれ、室町時代に日本に渡来したと考えられていますが、江戸時代には、正月に羽根つきをすると夏に蚊に刺されることがないと信じられていました。この羽根つきは、江戸の女の子が楽しむことを許された唯一のスポーツでもありました。
 鑑賞用の押絵羽子板は、初正月の祝いとして贈られただけでなく、役者の似顔絵のついたものなどは、現代でいうスターのブロマイドのように女性たちの大切な宝物にもなりました。




破魔弓(はまゆみ)


男の子の初正月の祝いとして贈られる破魔弓は、小さな弓と矢を組み合わせたものです。弓は武士にとって重要なものでしたから、江戸時代には、武家の男児が成長して立派な武士として出世することを願い、手遊びに使えるような弓矢が贈られました。その風習はやがて民間にも伝わり、現代に至っています。昔から、弓には魔を退(しりぞ)ける力があると信じられていました。そこから、初正月に飾る弓を、魔を破る弓、すなわち破魔弓というようになったのです。
  新春に、この破魔弓を実際に使って的を射る遊びが、男の子たちの間で行われていた時代もありました。その後、破魔弓の作りがしだいに豪華になっていくにつれ、そういう遊びも行われなくなり、やがて飾ることが主流になっていきました。
店舗イメージ

shop info.店舗情報

人形会館 鈴為

総本店 〒320-0026
栃木県宇都宮市馬場通り2-3-4
TEL.028-636-3320
FAX.028-636-3321